韓国ドラマの感想・5段階評価を書いています♪

韓国ドラマ『殺人者のパラドックス』感想 おもしろくない…期待外れだったドラマ

殺人者のパラドックス
引用元:Netflix

意図しない殺人をきっかけに、殺人を繰り返すようになる大学生が主人公のサスペンス

目次

殺人者のパラドックス 作品情報

タイトル殺人者のパラドックス
話数全8話
演出イ・チャンヒ
脚本キム・ダミン
放送年2024年
視聴方法Netflix

殺人者のパラドックス ★評価

★★☆☆☆ おもしろくない★2

★評価別ドラマリストはこちら

殺人者のパラドックス あらすじ

意図せず人を殺してしまったことをきっかけに、次々と殺人を繰り返すことになる一見平凡な青年。

そんな彼を、勘の鋭い刑事が執拗に追い始める。

引用元:Netflix

殺人者のパラドックス 感想(ネタバレなし)

序盤はおもしろかったのですが、見終わってみれば胸糞悪いドラマでした。

すんごい個人的な感想になりますが、悪い事をすると絶対自分に返ってくるよと言われて育ち、我が子にもそう教えている私の人生のひとつの軸がぶち壊されたドラマでした。(それぐらいでぶち壊される軸ってどうなん。)

だからおもしろくなかったというのもまた違うのですが…。

正義とはなんぞや?正義のためなら罪を犯しても許されるのね?と思っちゃうドラマです。(パラドックスってそういうこと?)

ストーリーとしては、流されるがままに生きている大学生イ・タン(チェ・ウシク)が、ある日意図せず人を殺してしまったことをきっかけに、殺人を繰り返すようになります。

運の良さや特別な能力のおかげで、予期せず罪を逃れるタンを刑事チャン・ナンガム(ソン・ソック)が追うのだが…という話。

↑の部分はドラマの入り口で、ここから話がどんどん展開していきます。

展開していくのですが、私は展開しないパターンの話が見てみたかった…。

意図せず人を殺してしまって、その殺人を隠すために殺人を繰り返す…しかも半分事故みたいにオドオドしながら…みたいな話の方を想像していたら違って、よくあるパターンな展開になってから少し見る気が失せてしまいました。

そこから何度か寝落ちしながらの視聴になりましたが…

イ・タンの心情の変化とともに見た目も何度か変化していたのが印象的で、ボーっとしていたタンの目がギラついて別人のようになっていたのはほぉ〜となりました。

最初から最後まで流され続けるタンの一貫性、主人公なのに成長していない所も逆に良かったです。

気怠げでアウトロー感のある刑事ナンガムもソン・ソックがバチッと演じていてかっこよかった。

細かい所の良さは多々あったのですが、最後でどうしても胸糞悪さが勝ってしまいました…。

絶対的な正義であるはずの刑事が最後あんな感じ、タンもずっとあんな感じで、捻じ曲がった正義が法律に勝るのか…と理不尽さが残るドラマでした。

殺人者のパラドックス こんな人におすすめ!

  • サスペンスが好きな方
  • 短めなドラマが見たい方(全8話)

殺人者のパラドックス キャスト/出演作品

イ・タン役 チェ・ウシク

出演作品

  • 『その年、私たちは』
  • 『恋するパッケージツアー』
  • 『サム、マイウェイ』
  • 『屋根部屋のプリンス』

チャン・ナンガム役 ソン・ソック

ソン・チョン役 イ・ヒジュン

出演作品

ノビン役 キム・ヨハン

出演作品

  • 『なにもしたくない』
  • 『最終兵器アリス』
  • 『軍検事ドーベルマン』

パク・チュンジン役 ヒョン・ボンシク

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次