韓国ドラマの感想・5段階評価を書いています♪

韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』感想 おもしろい!おすすめのドラマ

ウ・ヨンウ弁護士は天才肌

自閉スペクトラム症の新米弁護士が奮闘する姿を描く

目次

ウヨンウ弁護士は天才肌 作品情報

タイトルウ・ヨンウ弁護士は天才肌
話数全16話
演出ユ・インシク
脚本ムン・ジウォン
放送年2022年
視聴方法Netflix

ウヨンウ弁護士は天才肌 ★評価

★★★★★ 最高評価★5!

★評価別ドラマリストはこちら

ウヨンウ弁護士は天才肌 あらすじ

一流法律事務所で働き始めた新米弁護士のウ・ヨンウ。

自閉スペクトラム症を抱えて生きる女性として、法廷で、そして私生活で、さまざまな壁に果敢に挑む。

引用元:Netflix『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』

ウヨンウ弁護士は天才肌 感想(ネタバレなし)

自閉スペクトラム症の新米弁護士ウ・ヨンウが何度も壁にぶち当たりながら奮闘する姿を描いたドラマ。

時には周りの人の心無い言葉に傷ついたり、またある時にはありのままの自分を理解してくれる人たちに助けられたり…

切ない場面もありますが、じんわり心温まる作品でした。

自閉症児の親としての感想

韓国での視聴率も高く、話題になっていたこのドラマ、見るかすごく迷ったんです。

というのも、我が家の長男が主人公のヨンウと同じ自閉スペクトラム症で、親の私は複雑な思いでドラマを見ることになりそうだったから。

嫌だったら見るのをやめようと見始め、やはり最初の数話は自閉スペクトラム症が周りに理解されない場面や、回想シーンでの学校でいじめられる場面で胸が苦しくなりました。

周りの人から向けられる「何この人?」という視線を現実の世界で日常的に感じている私としては、ドラマであっても他人であってもその状況を見るのはつらいものです。

ですが、最後まで見ました。

単純に1話1話がおもしろく、ヨンウのひらめきに周囲がおぉ…!となるのが爽快で、そしてヨンウの周りの人の優しさに心が温まるドラマでした。

自閉スペクトラム症を演じるパク・ウンビン

ヨンウの癖のある言動(部屋に入る前に1.2.3…とカウントするとか、相手に言われたことをおうむ返しするとか…)も私の場合はわりとあるある〜!なんて思いながら見ることができ、おもしろかったです。

話し方や目線だったりも、うちの長男となんとなく似ていて、それをパク・ウンビンさんがすごく自然に演技されていてさすがだなと思いました。

世間が持つ「The・自閉症」な分かりやすいイメージの枠に入れながらも、変に誇張して自閉症の当事者やその家族が不快になるようなことがないよう、色々なバランスをとって自閉症を演じていたと思います。

ウ・ヨンウの父にも注目してほしい

私が一番感情移入したのはヨンウのお父さんウ・グァンホ。

3話でお父さんがヨンウに言った「自閉症の人と暮らすのは非常に寂しいです。2人きりで暮らしているのにお前は父さんにまるで無関心だ。」

これね、そうなんですよ…脚本家さんよくご存じで。

うちは今は普通に会話ができる次男がいるので話し相手がいるけれど、まだ長男だけの時は長男にとって私はただの飯炊きババアなんだろうなって思っていました。

多分いつの間にか母親が入れ替わってても気にもしないと思う。

今でこそ私を認識して会話もできるようになったけど、それでも会話の途中で他に興味が向いたらもう私のことは空気同然という感じ。

ヨンウも何かがふと頭に浮かべば、周りの人の事はフル無視で自分の世界に入っていましたよね。

お父さんの娘への想い、切なさ、心配、うまく描かれていました。

今回は単純にドラマの感想というより、自閉スペクトラム症の子を持つ親が『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』を視聴して感じたことを書いてみました。

自閉スペクトラム症、まだまだ知られていない障がいかと思います。

ヨンウのように天才的な面を持つ自閉スペクトラム症の人はほんのひと握りで、ただただ社会で生きづらさを感じている人も多いかと思います。

このドラマを見て、自閉スペクトラム症という言葉だけでも「そんなのがあるんだ」と知ってもらえると私個人的には嬉しいです。

※自閉スペクトラム症の特性の出方は様々でかなり個人差があります。障がいに対する考え方、このドラマを見ての感想はあくまで私個人の意見です。

チヂ美

難しいこと抜きにしてもすごくおもしろいドラマでした!

ウヨンウ弁護士は天才肌 こんな人におすすめ!

  • 人の優しさを感じて心温まりたい
  • パク・ウンビンの演技力を堪能したい
  • 今までにないようなキスシーンを見てキュンとしたい
  • かっこいいカン・ギヨンが見てみたい

ウヨンウ弁護士は天才肌 主要キャスト/出演作品

ウ・ヨンウ役 パク・ウンビン

出演作品

イ・ジュノ役 カン・テオ

出演作品

  • 『それでも僕らは走り続ける』
  • 『初恋は初めてなので』
  • 『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』

チョン・ミョンソク役 カン・ギヨン

出演作品

チェ・スヨン役 ハ・ユンギョン

出演作品

クォン・ミヌ役 チュ・ジョンヒョク

ハン・ソニョン役 ペク・ジウォン

出演作品

ウ・グァンホ役 チョン・ベス

出演作品

トン・グラミ役 チュ・ヒョニョン

テ・スミ役 チン・ギョン

出演作品

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次